ええワイン日記
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カベルネキュビンロールキャベツ
スポンサーサイト
冷奴と夏吟醸
今日は先日奈良の春日大社の御神酒《百楽門》さんが送ってくれた、爽夏純吟生原酒の
サンプルで、140602_0018~02001
ちょっと暑いときの定番冷奴をあてにやってみました。
豆腐・ポンズ・百楽門パターン
豆腐・醤油・しょうが・百楽門パターン
両方やぱっり、よく合いますね。
140602_0018~01002
ニューワールドワインとワイン法
当グループの勉強会に行ってきました。
今回のテーマは「ワイン法」
昔、ワインアドバイザー試験の時にやったなーと思いながら、先生の講義を
聴いてました。
後半に入り、お待ちかねのニューワールドワイン試飲タイム!
ニュージーランドの「ピノ・グリ」、オーストラリアの「ムールヴェードル」、カリフォルニアの「カリニャン」
ニューワールドワイン
の3種類。ニュージーランドのワイン全体に、このところ何年も評価が高いのは、気候のおかげで、
ほとんど補糖がいらないワイン作りができているので、かなり美味しく感じました。
それに比べて、オーストラリアのムールヴェードル。やはりこの品種は、単一品種で、造られる
ワインじゃないなというのが、率直な感想で、3本目のカリフォルニアのカリニャンは、ブラインドで
でてきたら、ピノと間違えるんじゃないかなと思うぐらいのイメージでした。
3種
やっぱり3本テーマを持って試飲するのはおもしろいですよー!
PS:余談ですが、
先生が先日、あのチーズで有名なフェルミエで、あの田崎真也氏と
チーズとワインの試飲をしてきたそうです。
その時いろいろと、田崎真也さんにコメントを引き出すような質問をしたそうなんですが
彼は、「旨いですねー」ぐらいしか言わないそうです。「どうしてですか?」と反対に
問いかけると、『私の一言はお金なんで』との返答。
「なるほどー」と納得しました。
ホルモンとロゼ
先日、danncyuホルモン串とロゼワインの組み合わせの、東京のお店(ガルニと言うお店)「付け合せの意?」を取り上げていたので、店の子の家で一応本格的にやってみました。ホルモン串
ミノサンド・マルチョウ・コリコリ・センマイなどなど9種類。やっぱりここであわせるロゼワインはやはり当店一押しのラルジョル・ロゼ!やっぱりロゼは万能!!赤ではホルモンの部位によったら、重すぎるし、逆に白でも軽すぎる部位もあるので、このお店がロゼをチョイスしているのは、なかなか・・・。調味料
後はいろいろな調味料で、ロゼワインとあわせてみると、ポンズ、塩、七味、焼肉のたれ、レモン、それぞれに面白い組み合わせ。こうなったら、やっぱりいいロゼのチョイスで、もっとホルモンが旨くなるけど、うちのラルジョルロゼ・
このクオリティーの高さを再発見です。ラルジョル・ロゼと
やっぱりイタリアにはイタリア
家に帰ると、この前のバルドリーノが残ってたので息子らの夕飯の残りの厚揚げをしょうが醤油で一杯!厚揚げ
この前の手羽先の煮込みよりワインにGood!でも何か物足りない感じアリ。・・・
冷蔵庫を物色。奥のほうに売り物のラタトゥイユを発見!ドッボットかけてそのままバルドリーノといっしょにパクリ!!!!さすがにイタリアにイタリア。めちゃめちゃバッチシ。やっぱりこのラタトゥイユ、まちゃめちゃクオリティー高い!ラタトゥイユ

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。